iPad Pro vs Surface Go 2 ~迷いに迷ったタブレット購入~編

未分類





初めて、薬も医療も関係ないブログを書く。



ネタ切れではない。

下調べの必要な記事を書くのに疲れてしまったのだ(笑)



お得意の前置き





ある日、ドコモショップに料金プランの見直しに行った。

理由は忘れたのだが、iPhoneのスケジュールに”そろそろ料金プラン見直し!”と書かれていたのだ。


ドコモショップに行き、ギガホ(月々上限30GB、キャンペーン中は上限60GB)に変更した。

iPhoneの分割返済が終わったこともあり、翌月からの請求額が5000円ほど安くなった。



そして、帰ろうとした私の視界に飛び込んできたのがiPad Pro





物欲の塊である私の脳ミソは瞬時に買う理由を列挙し始めた。



◎朝からカフェでブログを書きたい。

◎もうすぐ実習生が来るから、どこでも日誌を確認できたらいいな。

◎私の崇拝するマコなり社長が「iPad ProとMagic Keyboardがあればパソコンはもういらない」って言ってたなぁ。



そこへ
「今回プラン変更で5000円近く安くなったので、iPad Proを2年の分割払いでつけても、以前の月々のお支払いより少ないですよ♪」とドコモのお姉さんが悪魔のささやき。



頭の中がお花畑になっていた私はとりあえず予約して帰った。

(今思えば店頭に在庫がなくて良かった…)



iPad Pro vs. Surface Go 2





帰ってからiPad Proについて色々調べたりYouTubeで開封動画・比較動画を見漁った。



すると予想外の問題がいくつも出てきた。



物欲の塊である私は、”買うのをやめる”という選択肢がとれず、iPadと並ぶ人気タブレットのSurfaceと比較し、半月程悩んだ。



①重量





Magic Keyboadが本体より重く、iPad ProにMagic Keyboardをつけると、重量が1kgを超える。

まぁパソコンが1kgという時点で驚くべきことなのだが、一応華奢系女子なので持ち物は軽いに越したことはない。



《参考》

iPad Pro(11インチ) 471g + Magic Keyboard(11インチ用) 600

Mac Book Air (13.3インチ)  1290g

Mac Book Pro (13インチ) 1370

surface go 2 LTEモデル(10.5インチ)本体 553g + タイプカバー400



肩凝りだし、貧血だし、重たい荷物を持つと機嫌が悪くなる私。

今回はタブレットを外に持ち出す前提で買うので、重いのは嫌だった。



これがiPad懸念①



②Officeの使用





iPad ProでOfficeを使おうと思うと、有償契約となり年間12,000円ほどかかる。



iPhoneとiPad Air 2は無料でOfficeが使えるのに…

”10.1インチよりも大きい画面を持つデバイスは業務用と判断されるため”だそう。



私はブログのアイキャッチ画像や仕事で必要な資料をPowerPointで作っている。

小中学生への薬物乱用防止教室のスライドや、フォーラムのちらし等、私のこだわりある仕事はPowerPointがないと成り立たない。



それに対してSurface Go 2はMicrosoft Officeが標準装備だった。

(ネット上ではOffice Home & Businessを購入しているから標準装備にしないで欲しかったという意見も)




ほんならもうSurface買ったらええがな!と思うだろう。



私は、もともとダンサーということもありMacが好きだ。
だってかっこいいから。Appleマジ最高。

携帯もiPhoneだし家にはMac Bookがあるし(彼氏のやけど)、Air Dropでなんでも送り合える。



それにiPad ProにMagic Keyboardをつけたシルエットは最高にカッコいい。

タブレット本体が机上から浮くのだ…!



(あぁ、これをカフェで開きたい…!)



私の物欲に匹敵する見栄ゆえ(いや、見栄ゆえの物欲なのだが)、

一度、最愛のPowerPointから離れるという選択肢も考えた。



iPadにはKeynoteというプレゼン作成アプリがある。それに慣れればいいだけの話である。

執筆にはGoogleドキュメントを使うからWordは使わないしExcelもあまり使わない。



しかしどう考えても日本で仕事をする限り、Officeが入ってないと不便だ。

他の人から送られてきたデータが見られない。



これがiPad懸念②



③ストレージ容量





iPad Proには128GB~1TBまで4種類の容量がある。

1TBあるとPCと同レベルで安心だが、おそろしい価格になる。
(11インチモデルなら本体だけで16万弱)



これがiPad懸念③。



対してSurfaceは本体の128GB+内蔵されたmicroSDカードリーダーから最大1TBのストレージを追加できる



Surface Go 2を選んだ理由





で、タイトルを見てお分かりの通り、結局Surface Go 2を買った。



前項の懸念①~③が解消しなかったのと、

iPad Proよりも劣っていると思っていたルックス問題がひょんなことで解決したのだ。



何が私の心をつかんだかって?



この、限定のバーガンディのタッチカバー(キーボード)!!





シルバーのボディにこれをつけると…



なんと!
私の愛車と同じカラーリングなのだ♡





か、かわいい…!!

そう私はAppleよりminiが好きだった。



LTEモデルを選んだ理由





Surface Go 2は、Wi-FiモデルよりLTE+Wi-Fiモデルの方が2万円近く高い。



きっと都心で生活する人からしたらLTE+Wi-Fiモデルなんていらないのだろう。



しかし残念ながら私の行動範囲(自宅↔職場↔実家)は結構な田舎で、まだまだWi-Fi完備の施設も少ないし、基本が車移動なのでちょっとした車での待ち時間にブログを書きたかった。

あと遠出するときの電車内でYouTubeも見たいし電子書籍も読みたい。



「Wi-Fiなんてどこでもとんでいる」なんて、それこそ都市伝説だ。



あと公共のWi-Fiを使うとハッキングされるというテレビ番組を見てから、外のWi-Fがこわくて使えなくなった。(抜かれて困るようなデータもないが。)



ドコモのsimを入れた話





ドコモのギガホに加入しているとデータプラスというプランで+1000円で2台目の端末にsimを入れてもらえる。



私は、Surfaceを買った2日後にホヤホヤのSurfaceちゃんを抱きかかえ、意気揚々とドコモショップへ行った。



「この娘にsimを入れてください」と言うと

『simを入れることはできますが、Microsoftと正式に契約しているわけではないので、何かトラブルがあっても保証ができません。』と言われた。



想定内。

ネットで調べて大丈夫だと書いてたし、Surfaceを買ったJoshinのおじさんも大丈夫だと言っていた。



よって我、初回手数料3300円でsimお買い上げ。



simが接続できない事件





simを入れたものの問題発生。



待てど暮らせど表示が【切断済み】から変わらない。



ドコモショップのお兄さん

『【切断済み】ということは、認識はしているが何かでロックがかかっている状態です。これ以上は僕もわかりません…』と。



なんでやねんと思ったが、Surfaceの保証はできないと言われたかたわら文句も言えず退散。



帰宅後Microsoftに電話。

事情を説明すると

『APN設定をしてください。
 おそらくドコモショップでしてもらえるはずなんですが…』と。



APNというのは”アクセスポイント名”のことらしい。







で、ドコモに電話。

『あぁ、APNなら、ドコモsimはどんなものでもspmode.ne.jpですよ?』

と開き直って言われる。



いやいや、sim入れてくれた兄ちゃん、絶対わかってへんかったやん!



で、やってみたらやっと接続済みに。

無事、LTEモデルとして機能するSurfaceになりました。(涙)



10日間Surface Go 2を使ってみた感想





★とにかく軽くて最高。

★キーボード面積が狭いと言われていたが、私の手にはちょうど良い!
 (男の人には小さいと思う)

★キーボードもトラックパッドも、力のかけ具合をつかむのに少し時間がいるが基本的に不自由はしない。

★PCと比べると当然全てが小さいが、PowerPoint使用時も専用ペンシルを活用すると細かい作業も問題なし。



つまり最高!



おわり。



コメント

タイトルとURLをコピーしました