リスペリドン内用液の味比較。編

未分類





最近、前置きが長いと嫌われるという噂を聞いたので、さっそく本題へどうぞ。





リスペリドン内用液苦味一覧表





※この表は、実際に服用している患者さんからの聞き取り&他薬局の先生方からも情報をいただき作成しています。苦味を数値化する実験や、正式な統計をとったりしていません。参考程度にとどめていただくようお願いします。



添加物比較









リスペリドンとは?





リスペリドン(リスパダール®)は統合失調症の薬の一つ。

幻覚妄想などの陽性症状に切れ味が良く糖尿病の既往を気にしなくて良いので広く使われている。



統合失調症にはもちろん、認知症の患者さんの不穏や幻覚症状、ベンゾジアゼピン系睡眠薬を飲んでも全然眠れないという重度の不眠症患者さんに出されたりもする。



内用液





リスペリドンには錠剤・散剤の他に内用液という液体タイプの剤形が存在する。







この内用液は何のためにあるのか?



不穏で服薬拒否がある場合(ジュースやお味噌汁に入れる)や

精神状態が悪く、錠剤よりも早く効果を求めたい場合に処方される。



(これ以外にも内用液の処方意図をご存じの方は是非教えてください)



この内用液、ニガいというのは聞いていたが、味見できるものでもないので、その程度も対策も把握することができず、ただただ”この薬は苦い”という情報を知識として持っているだけだった。



しかし最近お話した患者さんが、苦味ゆえ指示された量を飲み切れていないと知り、精神科門前としてこれはいかん!なんとかせねば!と思い立ったのである。



ちなみに、その患者さんにお渡していたのはリスペリドン内用液「タカタ」2ml×2本。一覧表を見ての通り、一番苦いメーカーの薬を渡していたのだ。



「タカタ」といえばドライシロップにおいて苦味のコーティング技術に長けているというイメージがあったので、うちの薬局ではあえて「タカタ」を採用していた。苦味に強いと思っていたタカタの内用液が実は一番苦かったというのは大きな落とし穴だった。



すぐにこの一覧表を薬局長に提出し採用メーカーを変更してもらう予定。



飲み物との相性





リスペリドンはお茶の葉に含まれるタンニンと結合し、なんと効果が20%ほどに落ちる。



服用時は水で服用するか、ジュースやお味噌汁に入れることをオススメしている。



苦味があるのに飲み物の味が変わらないの?と私自身疑問に思っていたが、1回あたりの量が0.5~3mlと極少量なので、意外と大丈夫。



リスパダール(リスペリドン)内用液はお茶で飲んでいい?麦茶や紅茶や烏龍茶は?
先日、看護師さんよりこんな質問を受けました。 さて、あなたならこの質問にどう答えますか? お茶なら水とそんなに変わらなそうだし、大丈夫でしょうか。 今回の記事ではこの「リスパダール(リスペリドン)内用液をお茶で飲んでいい ...





麦茶は許容範囲内。

緑茶・紅茶・ウーロン茶はアウト!

もちろんお茶漬けもダメ!



おわり。



コメント

タイトルとURLをコピーしました