自立支援医療を利用される方に心からのお願い!編

未分類





私は精神科の近くの薬局で働いている。

わりと多くの患者さんが自立支援医療という制度を利用しておられるのだが(詳しくは後述)、自立支援医療は他の公費制度と比べて圧倒的にトラブルが多い。



気分がおさまらないので先にグチを言わせてもらう。

自立支援医療の詳細を知りたくてこのブログを開いた方は下の方へスクロールを。



↓ここからグチです。



仕方ないのはわかるが(特にADHDの患者さんには酷なことだと思うが)、
制度を利用される患者さん自身が精神疾患を患っておられるので、必要な書類を忘れる更新手続きを忘れて認定期限が切れるなど日常茶飯事。

ひどい時には更新手続きをしているという患者さんの言葉を信頼し自己負担1割で請求したところ、認定期限が切れたまま放置されており、追加の請求に応じてもらえず、あげく他県に引っ越され連絡が取れなくなったこともある。



トラブル防止のため、薬局としても、期限が切れる前に「更新手続きはしていただいてますか?」と声掛けしたり、必要書類の案内を書面でお渡ししたり工夫はしているつもりだが、なかなか完璧には行かない。



Twitter等では「薬代が安くなる制度があるよ!」と気軽な感じで紹介されることもあるが、先に言っておく。



必要書類を毎回持ち歩いたり、領収書をちゃんと保管したり、市役所で更新手続きをするのが面倒だと感じるなら止めておいた方が良い。公費を受ける(自分の医療費を税金から出してもらう)というのはそんなに簡単なものではない。



それに、安定剤や睡眠薬の薬価はわりと安いし、抗うつ剤もジェネリックにすれば3割負担でもそんなに高くない。
(さすがにレクサプロやインチュニブなど、ジェネリック未発売の薬を高用量で長期間服薬するのなら、毎月の薬代だけで1万円近くいってしまい気の毒だとは思う)



自立支援を利用している患者さんの中には「これぐらいの薬代なら、わざわざ時間をさいて市役所に行く方がロスなんじゃないか?」と内心思ってしまう人も多い。申請に必要な医師の診断書の発行は自腹だし。



どんな制度か気になったら、SNSで調べるより役所か医療機関に聞いて欲しい。

公費を使うなと言いたいのではなく、公費を使うならちゃんと管理をして欲しい。自分で管理する自信がないなら家族や知人に頼んで欲しい。お願いだから…



グチ終わり。



自立支援医療(精神通院医療)とは?





自立支援医療(精神通院医療)は、精神疾患のある方で継続的に通院が必要な場合、その医療費の自己負担分を公費負担する制度です。



この制度を利用すると、通常3割の自己負担額が原則1割になり、かつ自己負担額に1ヶ月あたりの上限が設けられます。


上限額は患者さん自身の所得や治療内容に応じて2500円〜20000円と幅があります。

とある都道府県での例




※地域によって違いがあります。お住まいの市町村に確認を。O阪府は財政が潤っているせいか一律自己負担が0円だと聞いた。



安くなった2割分は誰が払っているの?





都道府県の税金からまかなわれています。





注意





・申請時に指定した病院や薬局でしか適用されません

精神疾患に関係しない検査・処方薬は公費適用外のため、通常の3割負担です。

・有効期限は1年なので毎年更新申請が必要です。
(治療の方針に変更が無い場合は、申請は2年に1回)



自己負担上限額管理表って?









個人情報等の観点から、医療機関同士で情報を共有することはできず、薬局では病院で患者さんが窓口負担をいくら支払ったのか?上限額に達したのか?が分からないのです。



だから、原始的な方法ですが、患者さん自身に各医療機関で支払った額を書いた紙を持ち歩いてらっています1ヶ月分を1枚の用紙にまとめて記入します。

病院・薬局・訪問看護等で支払った自己負担額と累計額を記入していき、上限額に達したらその月はもう支払い不要になります。



上限額に達した後も、それを証明するために必ず見せてください。



公費を利用される患者さんにお願いしたいこと




必要な書類は毎回見せてください!









受給者証の例

毎回書類のことをたずねられてうっとうしいと思います。
ですがこれは、患者さん自身が過払いを防ぐためのアイテムです!!毎回必ず持って来てください。



厳しい医療機関もあり、書類を忘れたら3割負担(書類を確認でき次第2割分は返金)にしているクリニックもあるようです。まぁ普通に保険証忘れた時もそうですよね。



更新手続きは自分でする!





更新は自動更新ではありませんし、病院や薬局が代理で手続きすることもできません

認定期限が切れる前に、必要ならば医師に診断書を依頼し、ご自分で市役所へ行って更新手続きを行ってください!



ジェネリックにしてください!





自立支援医療を利用している方のお薬代の2割は都道府県の税金から出ています。

厳しいことを言いますが、都道府県の税金を使う制度です。
1割負担だからジェネリックにしても価格差が少なく、患者さんにとったらジェネリック変更のメリットは少ないかもしれません。しかし、公共の財源が破綻した時に困るのは公費を受けておられるみなさんだと思います。





できるだけ、ジェネリック医薬品の使用にご協力をお願いします。



コメント

タイトルとURLをコピーしました