低気圧だ!頭痛だ!~市販薬での対処法~編

未分類





梅雨ですね。頭痛持ちの人にはお辛い時期だと思います。

天気が悪い日に体調が悪くなることを気象病と言い、代表的なのが雨の日の頭痛



そこで今回は低気圧による頭痛に、市販で対応できるものをご紹介。手軽なものから紹介するので、よければ順番にお試しください。

※偏頭痛専用治療薬は市販していないため受診が必要。



薬以外の対処法





軽度の方は、まず薬以外の対処法から。



ゆっくり深呼吸酸素を取り入れる。
・音や光などの刺激を避ける。(暗めの静かな部屋で休む
首の後ろを冷やす
カフェインの入った飲み物を摂取し、血管を収縮させる。(あくまで適量を)



漢方





五苓散

解説





利水(身体の中の余分な水を抜く)作用があり、血管拡張による神経の圧迫を和らげ頭痛を改善。自律神経の乱れを整えてだるさも改善する。
頭痛の他に、めまい、むくみ、下痢にも。



使用にあたってのポイント





漢方なので即効性は期待できない予防的に服用するか、これを服用することで痛み止めの量が減らせたらいいなって感じ。



鎮痛剤





アセトアミノフェン製剤

解説





医療用の薬でいうところのカロナール

カロナール錠200の基本情報(作用・副作用・飲み合わせ・添付文書 ...


脳の痛覚閾値を上げ、痛みを感じにくくすると考えられている。つまり、痛がりを治す薬。(逆にわかりにくい?)

アセトアミノフェン(カロナール)というと、風邪やインフルエンザの時に病院でもらう解熱剤のイメージがあるかもしれないが、平熱をそれ以上さげることはないので、平熱時に痛み止めとして服用しても大丈夫。



おすすめポイント





乳幼児の解熱にも使われるくらい安全で胃にやさしい成分。
※長期連用では肝機能障害リスクあり

痛み止めなら、まずはここからお試しを。



ACE処方

解説





アセトアミノフェン(A)、カフェイン(C)、エテンザミド(E)を組み合わせた市販薬独特の処方

・アセトアミノフェン…前項参照。
・カフェイン…鎮痛補助成分。血管収縮作用で頭痛を和らげ、身体のだるさを取り除く。
・エテンザミド…解熱鎮痛成分。発痛物質プロスタグランジンの産生を抑制。



おすすめポイント





作用機序の違う成分を配合することにより相乗的な効果が期待できる。



ロキソプロフェン製剤

解説





発痛物質プロスタグランジンの産生を抑制。胃の負担が少ないようにと開発されたプロドラッグ製剤。市販の痛み止めでは最強



使用にあたっての注意





胃潰瘍の既往がある人、腎臓が悪い人、妊娠中の人には適さない。また、ぜんそく持ちの人はぜんそく発作を引き起こす可能性もある。その辺しっかり確認してから服用を。



ちなみに私はロキソニンの反復服用により服用後まぶたが腫れる(血管性浮腫)ようになり今はロキソニンが飲めない。あ、乱用はしていない。生理痛によく飲んでいただけ。こんなこともあるのでみなさんご注意を。



「アリルイソプロピルアセチル尿素」配合鎮痛剤

解説





否定的意見も多い「アリルイソプロピルアセチル尿素」。

一般用医薬品では、痛みの感覚を抑える目的で解熱鎮痛薬に配合されているが、脳の興奮を抑えるという作用ゆえにイライラを鎮めたり眠気を誘う薬でもある。依存性がある。



使用にあたっての注意





低気圧でイライラする人痛みで夜眠れない場合にはいいかもしれないが、服用後の運転はNG。そして依存性があるので絶対に連用NG!!!ほんとに必要な時だけ最低限度の使用にして欲しい。



薬剤の使用過多による頭痛(薬物乱用性頭痛)について





頭痛薬の飲み過ぎにより、かえってほぼ毎日頭痛が起こるようになった状態を「薬剤の使用過多による頭痛薬物乱用頭痛)」という。これは市販の鎮痛薬でも医師から処方された薬によっても起こり得る。



月に10日以上痛み止めを飲んでいる人、どんどん鎮痛剤の量が増えている人は薬物乱用頭痛の可能性がある。

参考:薬剤の使用過多による頭痛(薬物乱用頭痛)って? | 片頭痛の治療と予防

今日は大事な用事があるから、と予防で鎮痛剤をのむのはやめた方がよい。



さいごに





市販の痛み止めは本当に種類が多い。うちのような小さな薬局では商品を揃えきれないし、どれがお勧めかと聞かれても、色んな成分が配合されているゆえに正直比較できない。飲んでみて効いたものが一番。



はやく梅雨明けして欲しいものですね。



お題

コメント

タイトルとURLをコピーしました