”風邪薬”は存在しない!編

未分類

”風邪薬”の実態





 風邪の原因は90%がウイルス感染と言われている。

 具体的にはライノウイルス・コロナウイルス(新型ではない)・RSウイルスなどだ。現在これらのウイルスをやっつける特効薬はなく、基本的には自分の免疫力で戦うしかない



…じゃぁ風邪の時に病院で処方される薬は何なのか?



抗生物質





予備知識として

ウイルス細菌は別物。

抗生物質細菌をやっつける薬である。



つまり、風邪の時に抗生物質をのんでもほとんどの患者には効かない



じゃあなぜ医者は抗生物質を処方するのか?



おそらく1番は慣習だ。もしくは「細菌感染の可能性を否定できない」という医師の保険。

「二次感染の予防」とされた時代もあったがそれは海外の研究結果により否定されているし「鼻水やたんの色が黄色かったら細菌感染」という説も、ウイルス性でも黄色くなる場合があり根拠はない。



あとは患者側の間違った成功体験。



市販の風邪薬を数日のんだがスッキリしなくて病院に行き、出された抗生物質をのむとほどなく症状が治る。抗生物質ってすごい!と思ってしまうわけだ。抗生物質をのまなくても治るんだから、そりゃ飲んでも治る。風邪は放っておいても1週間程で治るのだ。



厄介なことに抗生物質側からしてみれば人間にとって悪い菌か良い菌かなんて区別できないから体内の良い菌(常在菌)までやっつけてしまう。抗生物質で下痢をするのは腸内の善玉菌がやっつけられるせいだ。



風邪に抗生物質を処方する医師は依然として多いので、もし処方された場合は耐性菌の出現を防ぐためにも指定された日数飲み切って欲しい。



※ここではあえて、一般的によく使われる”抗生物質”という言葉で表記しているが、抗生物質(抗生剤)とは“微生物が生産し,バクテリアやそのほかの微生物の生育を抑え,さらには破壊するような能力を有する化学物質”であると定義されているので、我々が薬として使用する化学合成されたものは抗菌薬と呼ぶのが正しい。



解熱剤(げねつざい)





これも上手に使わないといけない。



発熱とは免疫細胞がウイルスや細菌への攻撃力を上げる為の生体防御反応だ。体温が上がると血液の流れが良くなり免疫細胞が体の隅々まで行くようになる。免疫細胞の動きも活発になるので免疫力が増加する。



つまり、むやみに解熱剤をのむと、免疫の活性化を抑え込んでしまい治りが遅くなる



感染症の専門医が言っていた。

「人間は体温が40℃を超えるとタンパク質の変性が起こり脳にダメージを受ける。解熱剤はそれを回避するために使うもんで、37℃や38℃でのんでも治癒の邪魔」だと。



あと、人間の体温日内変動しており、早朝が最も低く夕方にかけて上昇する。このメカニズムを知っていれば、夜中に熱が上がったからといって病院を探しまわらなくてもいい。たいてい朝には下がるのだ。





よく熱を出すといえば小さなお子さんだろう。



私は小児科の患者さんにはこう指導するようにしている。

「解熱剤は高熱で体力の消耗が激しい時高熱で苦しくて眠れない時にお使いください」と。38℃でもケロッとしている子どもは多い。そんな時に無理やり解熱剤をのませる必要はない。



対症薬





あとは鼻水を止める薬や咳止めが処方されるが、あくまでも症状を抑えるだけで根本的に治るわけではない。



体はウイルスを外に排出しようとして鼻水や咳をしているのだ。それを止めるのだから解熱剤同様治りを遅らせる可能性はある。(鼻水や咳を抑えて体力を温存しているあいだに治そうという考え方もあるようだ。)



どうしても仕事が休めないときは利用してもいいと思うが、身体に無理をさせていることは忘れないで欲しい。



さいごに





病院の待合スペースは世の中で一番汚い(ウイルスや菌が集まる)場所だと言われている。体が弱っている時にそんな所に行くと、他の病気をもらってしまうリスクだってある。軽度の風邪や疲れから来る風邪なら栄養ドリンクでも飲んで、あったかくして家で寝てる方がいい。



薬が欲しい場合も、抗生剤はいらないのだから市販薬で十分。風邪の医療費は年間5000億円と言われているが、本当にもったいない話だ。



病院に行くべきか迷った時こそ近所の薬局の薬剤師に相談して欲しい。市販薬で対応できる症状なら市販薬を選ぶし、受診が必要なら病院を紹介する。薬剤師への相談は24時間365日タダだ。



私の好きなドアラ様

コメント

タイトルとURLをコピーしました