お薬手帳、お持ちですか?編

未分類

お薬手帳、お持ちですか?





薬局に行くと毎回言われてうんざりするだろう。

我々薬剤師も、毎回のことで申し訳ないと思いながら聞いている。



まずは、お薬手帳が誕生した経緯を紹介したい。

これを知れば大切さがわかってもらえると思うから。



お薬手帳誕生のきっかけ





平成5年に日本国内において、別々の病院から処方された抗ウイルス剤と抗がん剤を併用し、その相互作用から患者15人が死亡した。



そしてその2年後の平成7年に阪神淡路大震災が起こったのだが、その時に救護所に薬を求めてやってくる患者さんが自分の薬の名前を覚えていないことが多く、それまで服用していたものと同じ薬さえ渡すことができないという事態が起きた。



そして、自分のカルテは自分で持ち歩く!という意図で生まれたのがお薬手帳だ。



災害時の特例として、お薬手帳があれば処方箋なしでそれまで服用していた薬を受け取れるということも是非知っておいて欲しい。



薬剤師は何をみてるの?





薬剤師は患者さんからお薬手帳を預かり、

現在飲んでいる薬とそこから推測される持病や体質を把握する。そして、その日処方された薬を渡しても大丈夫かを判断する。



そして、お薬手帳は患者さん自身でもどんどん書き込んで使ってもらいたい。



・どういう症状でもらった薬なのか

・その日の血圧や検査値

・副作用が出た場合はその旨

・併用している健康食品や市販薬

・のみ残した薬の数



自身の健康記録帳にしてもらって全然かまわないし

医師や薬剤師とのコミュニケーションツールにしてもらっても大歓迎。



お薬手帳は一冊にまとめましょう





さらにもう一つ大事なことは、お薬手帳は一冊にまとめるということだ。

たまに診療科や薬局によってお薬手帳を分ける人がいるが、やめて欲しい。

お薬手帳が何冊もあると、薬の危険な飲み合わせを見過ごしたり、同じ薬を二重に処方してしまう恐れがある。



保険証と一緒にお薬手帳を持っていると何かと便利だ。

緊急搬送された時や旅先での病気やケガ、いつもと違う医療機関に行った時も、飲んでいる薬や治療歴がわかってもらえる。



介護サービスを受けている人は、医療機関だけでなく、介護スタッフとの連携にも活用して欲しい。



今後、マイナンバーと保険証が紐づけられICTが進めば、全国の医療機関のカルテが全国の医療機関で見れるようになるのかもしれないが、やはり個人情報の観点から日本では難しいだろう。
(追記:2021年3月にこの制度がスタートする)



薬剤師は他でもらっている薬との飲み合わせを確認したくて「お薬手帳お持ちですか?」と毎回しつこく聞くのである。

単にシールを貼りたいのではない。

だから、「家で貼ります」とか「もう貼る所なくなったから持ってきてない、新しいの作ってよ」と言われると、『そうじゃないんだよな~』とため息が出る。



お薬手帳、ぜひご活用ください!!!



コメント

タイトルとURLをコピーしました